アロマと一緒♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書の秋  

<<   作成日時 : 2010/11/02 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

・・・になる前に読んでしまいましたが、久し振りに面白かった本。

冲方丁(うぶかたとう)の「天地明察」

全国の書店員が選ぶ「2010年本屋大賞」に選ばれたと知って、早速図書館で4月に予約をしたら、半年待ちで9月にやっと読めました。。。

読みたいと思った時に読めないのが難点ですが、それでも読み始めるとこの本ならあっという間に読めてしまいます。

江戸時代、碁打ちの家に生まれた青年が日本独自の太陰暦を作る計画に挑む時代小説です。

江戸時代に、こんな天文学者が日本に実在したんだ、と初めて知ったし、主人公が自分の志に純粋に一途に生きた姿も素敵で、自分もこんな風に生きられたらいいな、と思わせてくれる本です。

映画化とか、NHKの時代劇ドラマにしてもよさそうなんだけどなぁ。


図書館では、村上春樹の「1Q84」も相当予約待ちなので、落着いた頃に予約いれようと思います。(面白いのかしら。。?)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「1Q84」面白いみたいよ。友達に勧められた。
まだ読めてませんが。。。
インドに向けて全く違う方向のものばかりでした(笑)
pitta-kapha
2010/11/03 13:02
彼の本って、昔学生の頃にベストセラー物を数冊読んだこと有るけど、それほどでも。。。て感じだったからなぁ。
あの頃よりは大人になってるから少しは理解できるかしら。。
最近すっかり本は図書館で借りてばかりだよ。期間が限られてるから、かえって集中して読めるのもいいのよね。
pitta-kaphaサマ>Neroli
2010/11/03 22:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書の秋   アロマと一緒♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる